私たちについて

images (1)

筆者紹介

筆者の津川松男と申します。このブログでは、私が大好きなコトについて執筆しています。そう、それはアートです。日本は、世界の中でも、特別なカルチャーを持っているため、独自のアート作品があります。このブログでは、日本の絵画の歴史、そしてあなたが知らなかったアートに関連する興味深い事実についてご紹介していきます。

美しさは、その「形」ではなく、それが表現するモノ自体だと考えています。そういう意味では、東洋美術のあり方は、「形」の背後にあるものを示唆しているといえます。そこには、形をより”リアル“に示すために、より優れた技術的ソリューションを必要としないのです。“リアル”に関心があるのではなく、精神に執着しているのです。精神は見せるものではなく、示唆されるものなのです。しかしここで注意しなければならないのは、西洋美術と東洋美術という区別は曖昧です。国境が失われつつある現在では、現代というよりも、より歴史的な区別にすぎないということです。

1867年、日本がアメリカの脅威にさらされて国境を開かなければならなくなって以来、アメリカそして世界の国々との相互の影響は避けられないものとなりました。